ベイザー脂肪吸引を天神で行う場合ダウンタイムはどうか

ダウンタイムは2週間程度と言われていました

裏話なども教えてくれたりしたこともあり、面白い先生だと感じました。
この先生のもとで脂肪吸引をするならば安心できると感じたため、予約を入れてその日に脂肪吸引を依頼することにしたわけです。
お金はかかりましたが、夏のボーナスで支払ったため特にローン等を組む必要はありませんでした。
美容クリニックのようなところは、カードが使えないとイメージしていましたが実際にはカード払いもオッケーでした。
実際に自分もカードを使って支払いため、大金を持ち歩く事はなかったです。
脂肪吸引をするにあたり、1つだけ心配事がありました。
それはダウンタイムの問題です。
ダウンタイムとは、元に戻るまでの時間を意味しています。
美容整形でよく使われる言葉ですが、ヒアルロン酸の注入等やボトックス注射などではあまり使わない言葉で、どちらかと言えばメスを入れるような傷口を作る場合に使う言葉です。
通常傷口が塞がるのは1週間程度ですが、完全に普段の身体機能が使えるようになるには概ね10日から2週間ぐらいは必要とされています。
1週間はあくまで、糸で縫った傷口が塞がる時間であり、その後無茶な飲酒や運動して良いわけではありません。
この脂肪吸引の方法でも、やはりダウンタイムは2週間程度と言われていました。
少なくとも、初日は無理な運動や飲酒そしてお風呂に入る事は禁止されていただけで、その後はそれほど制限はなく生活できたことをうれしく思います。

30歳を超えてお酒を毎日のように飲み始めた頃から少しずつ自分の体質が変わった少しお金を払って脂肪吸引をしてもらうことにしましたダウンタイムは2週間程度と言われていました